株アカデミー は入るべき? ストックトレード株式会社下山敬三

株アカデミー は入るべき? ストックトレード株式会社下山敬三

管理人Ryuです。

今回は、『株アカデミー』という商材について取り上げたいと思います。

これは、販売者が考案した『波乗り株投資法』が学べる株式投資スクールです。

波乗り株投資法とは、毎日、5分間のトレード時間で負けなし手法です。

また、取引するのは1銘柄のみで、ロスカット不要、チャート分析とのこと。

ちなみに、『波乗り株投資法』の電子書籍は、1000円で販売されていますが、このスクールはかなりの高額です。

果たして、このスクールに入ることで、1000円の電子書籍より稼げるようになるのでしょうか?

また、高額な料金に見合うだけの利益が見込めるのでしょうか?

では、、中身を検証していきたいと思います。

 

目次
1 特定商取引法に基づく表記
2 商品説明
 2.1 概要
 2.2 コンテンツ
 2.3 セールスコピー
3 商品価格
4 販売者情報
 4.1 所在地
5 ユーザーの実績
6 評判・口コミ
7 総評

 

1 特定商取引法に基づく表記

販売業者 ストックトレード株式会社
運営責任者 下山敬三
所在地 東京都中央区湊1-12-11 八重洲第七長岡ビル3F
電話番号 03-4588-6858
メールアドレス info@stock-trade.biz
販売ページ https://kabu-ac.com/

 


2 商品説明


 2.1 概要

2013年に開校し、累計27,000人(うち有料会員5000名)を超える個人投資家を育成している日本有数の株式投資専門のスクールです。

このスクールに参加することで、『波乗り株投資法』を学ぶことができます。

通常コースとデイトレコースがあり、料金やサポート体制が異なります。

講師は株の失敗原因を熟知した現役トレーダーです。

アカデミー生に成果を出していただくことに特化したスクールです。

対面講座やWEB通信講座が選択でき、学び方も自由です。

 

 2.2 コンテンツ

●株アカデミー 通常コース
教材
ビデオ講義
推奨銘柄一覧
お手本トレード実況メール
過去トレシート
練習用株価
株トレくん (練習用シュミレーター)

特典
全4回の対面セミナー
※首都圏にて開催

サポート
質問メール (一部回答は週に一回の音声回答にて)
口座開設、取引方法サポート (来店または電話可)
webセミナー (月に一度)

 

●株アカデミー デイトレコース
教材
ビデオ講義
推奨銘柄一覧
お手本トレード実況メール
過去トレシート
練習用株価
株トレくん (練習用シュミレーター)
デイトレマスター講座(Lv.1~Lv.4)
毎月開催のデイトレコースセミナー

特典
全4回の対面セミナー
※首都圏にて開催(オンライン参加も可)

サポート
質問メール (一部回答は週に一回の音声回答にて)
口座開設、取引方法サポート (来店または電話可)
webセミナー (月に一度)
学長下山敬三によるマンツーマン電話サポート

 

 2.3 セールスコピー

いる日本有数の株式投資専門のスクールです。

世界一の投資家「ウォーレン・バフェット ( 年利 20%)」
を超える個人投資家を 1,000 名排出する。

というスローガンの下、
日本は教育が遅れていると言われている
金融・ファイナンスの分野で
1 から株式投資を学べる場として運営しています。

素人では難しい相場分析ではなく、
比較的容易な資金管理と建玉操作でトレードを行うアプローチで
賢く、そして安定的に資産を増やす方法を対面、オンライン講座にて提供しています。

引用:https://kabu-ac.com/

 


3 商品価格

通常コース:307780円(半年・税込)

デイトレードコース:797500円(1年・税込)

サポート延長:897円/月(税込)

 


4 販売者情報

 4.1 所在地

引用:https://www.v-officenavi.com/rent_view/17195

このビルの3Fとのことです。

 

 

5 ユーザーの実績

セールスページ内のユーザーの声を抜粋します。

「きちんと研究はしているな」と感じました。

「ある銘柄のアップ・ダウンで当たる確率は3割程度、ダメなときは損切りで損を出すしかないけど、それでも一回当たればすべて回収できる」といった感じです。

実践に役立つ生きた教材を提供していただけますし、本当に良かったと思います。
そして、本当に良くできた仕組みだと思っています。

「なぜここで取引しないのかな」と思ったりもしますが、それはそれでいろいろなパターンを勉強できるから納得しています。
お手本トレードと同じ銘柄でやっていますから、本当に参考になるんですよね(笑)

引用:https://kabu-ac.com/

 

 

6 評判・口コミ

参考になりそうなコメントを抜粋してみました。

ロスカット(損切り)しないのが謳い文句ですが、これは1銘柄を売買で最大5ポジション持ち、損が出たポジションを他の利益が出たポジションで打ち消す(相殺決済と呼んでいる)だけです。

つまり見かけ上損が出ていないだけで、複数の銘柄を保持して儲けと損を打ち消すのと同じです。

引用:https://kabuhikaku.com/s/19/

受講生に「投資に分析はいらない!」「ロスカットはしない!」と下山敬三は言い聞かせているようですが、確かに自身のブログに掲載している取引履歴ではやたら強制決済が多く、手前の波乗りトレード投資法に乗っ取った売買を行っているようですが、損失を多く出している点が正直気になりました。

引用:https://kabu-sagi.com/post-12038/#outline__4

された会社だから。

土屋博嗣とネット検索するとわかりますが、「詐欺」「悪徳」といった情報も出てくるなど、黒い噂が流れていたことがわかります。

引用:https://kabu-tekicyu.com/investment_advisor/318

 


7 総評

このスクールは、推奨できません。

 

●誇大広告

可能性は否定できません。

なぜなら、セールスページ内に「世界一の投資家「ウォーレン・バフェット ( 年利 20%)」を超える個人投資家を 1,000 名排出する。」とあります。

現在、有料会員は、5000人を超えるとありますが、まだ1000名に達していない、もしくは年利20%の利益が出せていないということです。

 

●ロジック

信用取引を使った反対売買(両建て)のドルコスト平均法です。

 

●トレード手法

毎日、5分間で買い売りのどちらかにエントリーするようです。

そして、1銘柄を売買で最大5ポジション持ち、損が出たポジションと利益が出たポジションで打ち消すようです。

 

●1日のトレードチャンス

毎日5分間のトレード時間なので、通常コースは1回/日と思われます。

デイトレコースは不明です。

 

●1トレード当たりの利益

セールスページ内に記載がないため、不明です。

セールスページ内にある「年利20%」は、達成できていない可能性が高いです。

 

●平均勝率

セールスページ内に記載がないため、不明です。

 

●推奨する証券会社

セールスページに記載がないため、不明です。

 

●ユーザーの声

当たる確率は3割程度、損切りは一回当たれば回収できる、実践に役立つ生きた教材を提供してもらえる、本当に参考になる、という内容がありました。

 

●口コミやレビュー

ロスカット(損切り)しないのは儲けと損を打ち消すだけ、取引履歴では強制決済が多く損失が多い、ストックトレード株式会社は土屋博嗣の子会社、などの内容でした。

 

●サポート体制

通常コース:半年

デイトレードコース:1年

サポート延長:897円/月(税込)

 

●再現性

この講師の実績が不明なので、再現性はわかりません。

ただ、セールスページ内にある「年利20%」は、達成できていない可能性が高いです。

 

 

まず、セールスページ内に現役トレーダーである講師の詳細なトレード実績や利益が全く記載されていません。

そのため、信ぴょう性に欠けます。

また、ロスカットなしとの謳い文句ですが、両建てによるポジションの相殺です。

信用取引の期限が来たら、実質、強制ロスカットです。

最後に、この運営会社(者)は信頼性が低いです。

この商材の運営会社である「ストックトレード株式会社」の元代表は、土屋ひろし氏です。

この代表者は、悪評が目立ちます。

その悪評が高い人物が運営する会社のスクールなので、信用できない(稼げない)可能性が高いです。

以上のような評判も踏まえながら、購入を判断して下さい。

 

 

・下記は、損する可能性が高い商材のパターンです。

・勝率が高い
最終的には、損失を出したとしても利益を残すことが大切です。勝率ではありません。
勝率が高い商材は、コツコツドカンの損大利小タイプが多いです。

 

・取引実績の期間不明瞭、もしくは、公開している期間が短いもの
現在も勝てているかどうかがわかりません。
また、その期間しか勝てていない可能性があります。


私は、色々な商材を購入しましたが、どれも利益を上げることができず失敗してきました。
購入に失敗しないように、セールスページや評価サイトをよく読み、購入するかを決めて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また、次回をお楽しみに。

管理人Ryu