DRMからFRM新時代のインターネット集客法 は役に立つか? Catch the Web Asia Sdn.Bhd横山直広

DRMからFRM新時代のインターネット集客法 は役に立つか? Catch the Web Asia Sdn.Bhd横山直広

 

管理人Ryuです。

今回は、『DRMからFRM新時代のインターネット集客法』という商材について取り上げたいと思います。

この販売会社(Catch the Web)の日本店では、「ステップメール構築ノウハウの決定版「11step」」「キーワードスカウターST」「コンテンツ革命」「アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」」「キーワード革命」「アフィリエイト革命」など、数多くの商品を販売しています。

海外法人の会社では、「Tubeスカウター」という商品を販売しています。

今回も海外法人の会社からの商品で、FRMという新しいマーケティング手法の商材です。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは、広告を出して、キャッチーなコピーで初見の見込み客から成約を得るという手法で、今まで主流となってきたマーケティング手法です。

しかし、DRMは、ライバルの参入、広告費の上昇などで赤字になるリスクがあります。

DRMと対称的なのが、FRM(ファン・レスポンス・マーケティング)です。

FRMは、FRMでは「情報発信」によって見込み客とつながります。

例えば、相手の悩みを解決する情報や自信の個性や考えを発信しすることで、サイト運営者自信のファンを獲得する手法です。

これにより、費用をかけずに集客することができます。

本当に、費用をかけずに集客できるのでしょうか?

また、すぐに見込み客リストを獲得できるのでしょうか?

早速、中身を検証していきたいと思います。    

 

 

1. 特定商取引法に基づく表記

販売社名
Catch the Web Asia Sdn.Bhd
代表者
横山 直広
所在地
Suite 7-03, Level 7, Menara IGBMid Valley City,
Lingkaran Syed PutraKuala Lumpur, 59200,
Wilayah Persekutuan Malaysia
電話番号
050-3577-7293
e-mail
frm@cwaplus.jp
URL

 

 

2. 商品説明

2.1 概要

Twitterをビジネスで活用するためのツールです。

このツールを使えば、リサーチ、分析、フォロー管理、効率化(自動化)によって、Twitterをビジネスで活用してファンを増やしながら、売上をあげることが可能です。

Twitterになれていない人でも、フォロワーや見込み客のの獲得が容易になります。

下記の機能を利用できます。
ツイート検索:どんなツイートがバズるか調べる
ツイート位置検索:あなたのお店の近くでツイートした人を見つける
ツイートキーワード検索:特定のキーワードをツイートした人を見つける
プロフィール検索:特定のキーワードがプロフィールに書いてある人を見つける
ライバル比較:ライバルのアカウントを一覧で比較する
リツイート管理 :特定の人のリツイートをした人を見つけられる
アクティブアカウント抽出:「いいね」「RT」をしたアクティブな人を見つける
アクティブアクション:「いいね」「RT」をしたアクティブな人にアクション出来る
フォロー管理:どんな人をフォローしているか調べ管理する
フォロワー管理:どんな人がフォローしてくれているか調べ管理する
フォロー自動化:選択した人を自動的にフォローする
アンフォロー自動化:選択した人を自動的にフォロー解除する

 

2.2 コンテンツ

基本コンテンツ
・累計100億円を売り上げたプロのWebマーケッターが、新時代のインターネット集客法を公開!
・新・旧2つのマーケティング手法の違い
・無料で出来て資産を築ける新時代のマーケティングとは?
・売り込まなくても商品が売れるようにするために取るべき戦略
・売り込まなくても商品が売れるようにするために取るべき戦略
・DRMが時代に合わなくなっている理由
・USPはもう古い?代わって登場した新しい概念とは?
・新時代のマーケティング公式「FRM」とは一体?
・FRMを実践するにあたって選ぶべきメディア
・5大メディアの市場規模とアクティブ率、利用者の年齢データを公開
・Facebookは成長が鈍化しているが、ある年齢層へは効果絶大
・Twitter集客が向いている人とはどんな人か?
・圧倒的多数に利用されているLINEの弱点とメリット
・今後インスタグラムに注目すべき理由
・YouTubeが近年急激にシェアを伸ばしている年齢層とは?
・メディアのアルゴリズムを把握する4つのメリット
・Facebookのランキングシグナルからわかる攻略法
・フェイスブックのコンテンツ投稿5つのポイント
・Twitterが重要視しているのは「時間」
・ツイッターでのコンテンツ発信7つのポイント
・Instagramのアルゴリズムが重要視している指標
・インスタでのコンテンツ投稿時に意識すべき4つのポイント
・YouTubeは「サイトにもっとも貢献しているユーザーに役立つように」設計されている
・ユーチューブのチャンネルを伸ばす4つのポイント
・TikTokのメリットとデメリット
・noteをオススメできるのはこんな人
・MEO(Googleマイビジネス)攻略4つのステップ
・なぜ、無料でSNSを攻略することが、新時代のマーケティングと相性抜群なのか?
・あなたもFRM(ファン・レスポンス・マーケティング)で成功できる!

特典
・Instagram設定マニュアル
・Youtube集客マニュアル
・MEO設定マニュアル
・Twitter設定マニュアル
・ワークシート

 

2.3 セールスコピー

すべての大元となる、新時代のインターネット集客法を公開することにしました。

このページで提供しているのは、これからの時代にますます重要になる、新時代のインターネット集客法を学ぶことが出来る動画講座です。

提供する価値としては ありえない金額で提供します。

ぜひ、手に入れて 自分らしい成功を実現し、 あなたの周りの人を幸せにしてあげてください。

それでは、 「DRMからFRM 新時代のインターネット集客法」の動画でお会いしましょう。

 
引用:https://cwapromotion.net/frm/lp/infotop/

   

3. 商品価格

9800円 (税込)

 

 

4. 販売者情報

4.1 所在地

引用:https://www.google.com/maps/place/Aalok+Technologies+Sdn+Bhd/@3.1175433,101.6756646,18z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xe8c64f82aafc151b!8m2!3d3.1168095!4d101.676303

このビルの一室のようです。  

 

4.2 販売会社

この会社は、マレーシアの会社です。

この販売者(横山直宏)は、Catch the Web Asia Sdn.Bhdの代表取締役社長です。

2012年に設立した会社でインターネット集客コンサルティングをメイン事業としています。

ホームページ⇒https://ctw-asia.com/

日本にも「株式会社Catch the Web」があります。

日本の会社では、この販売者(横山直宏)が創設者のようです。

 

4.3 運営責任者・販売者

この販売者(横山直宏)は、過去にかなり怪しい案件に関わった経歴があります。

悪評がある商材を扱っていたことは認識しておく必要があります。  

 

 

5. ユーザーの実績

セールスページ内にユーザーの声や実績はありませんでした。

 

 

6. 評判・口コミ

検索しましたが、参考になりそうなコメントはありませんでした。

 

 

7. 総評

この商材は、稼げない可能性が高いです。  

 

●誇大広告

可能性は否定できません。

セールスページ内に「ビジネスで成功し、売上アップを狙える新時代のインターネット集客法がつまっています。」とあります。

基本的に集客法の概念を学べるだけで、実践はありません。

そのため、確実に集客につながるとは言いがたいです。

 

●再現性

再現性は低そうです。

上にも書きましたが、

基本的に集客法の概念を学べるだけで、実践はありません。

そのため、確実に集客につながるとは言いがたいです。

また、読者における魅力的な商品、セールスレターが伴わないと売り上げにはつながりません。

 

●ユーザーの声

セールスページ内にユーザーの声や実績はありませんでした。

 

●口コミやレビュー

検索しましたが、参考になりそうなコメントはありませんでした。

 

●サポート体制

セールスページ内に記載がありませんでした。

 

●必要経費

ブログやサイトへ集客するならば、サーバー代とドメイン代がかかります。

 

 

この商材を購入することでFRMのマーケティング手法を学ぶことができます。

この商材では、SNSでファンを作るようですが、SNSには、炎上リスク、効果が見えにくい、記事を修正しにくい、などのデメリットがあります。

また、一時的にフォローされても、有益な情報を継続的に提供できないと、フォローを外されてしまいます。

そして、FRMで見込み客リストを得るには、時間がかかります。

すぐに商品を売りたい場合には向かない可能性があります。

結局、読者に商品を購入してもらうには、魅力的な文章、魅力的な商品がなければ、収益に結び付きません。

 

 

以上のような評価を踏まえ、購入を判断して下さい。  

 

 

私は、過去、色々な商材を購入しましたが、どれも利益を上げることができず失敗してきました。

そのため、失敗しないように、セールスページや評価サイトをよく読み、購入するかを決めて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また、次回をお楽しみに。

管理人Ryu