1秒スキャルFX は稼げる? クロスリテイリング株式会社松野有希(マックス岩本)

1秒スキャルFX は稼げる? クロスリテイリング株式会社松野有希(マックス岩本)

 

管理人Ryuです。

今回は、『 1秒スキャルFX 』という商材について取り上げたいと思います。

今回の 1秒スキャルFX は、スキャルピング行う際の判断材料となるツールの提供です。

トレンドの方向性を1秒で判断できるという部分が商品名の由来になっています。

スキャルピングとは、1回の取引を数秒~数分という短期間でトレードを行うスタイルです。

1日に何度も取引を行い、小さな利幅をコツコツと積み重ねます。

一般的に、スキャルピングは、コツコツドカン(こつこと利益を積み重ねるが、数回の暴落/暴騰で利益以上の損失を出すこと)になりやすいです。

また、FX会社によっては、スプレッドの影響で利幅が小さかったり、取引手数料によって利益が相殺されることがあります。

今回の 1秒スキャルFX は、安定した利益を得ることができるのでしょうか?

では、商材内容を確認していこうと思います。

 

 

1. 特定商取引法に基づく表記

販売業者 クロスリテイリング株式会社
運営責任者 松野有希(マックス岩本)
所在地 〒130-0013
東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
アルカセントラル12F
電話番号 03-5244-5377
メールアドレス support@max-trader.jp
販売ページ https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

 

 

 

2. 商品説明

2.1 概要

 1秒スキャルFX は、スキャルピング用のオリジナルインジケーター(MT4)が提供されます。

提供されるオリジナルインジケーターを利用し、色でトレード方向を1秒で判断します。

トレンド転換の初動から2段目を狙うトレンドフォロートレードです。

5分足がメインですが、それ以上の時間足でもトレード可能です。

 

2.2 コンテンツ

基本コンテンツ
・マックス岩本式「1秒スキャルFX」集中講義

・マックス・アベレージ・キャンドル
・マックス・ジャッジメント
・マックス・シングル・ボリンジャー
・3大ツール・インストーラー(マニュアル付き)
・マックス岩本の厳選!リアルトレード全5本
・無期限・回数無制限のコメントサポート
・90日間、回数無制限のメールサポート
・マックス岩本の特別フォローアップ動画
・プロジェクトメンバー専用サイト
・プロジェクト専用のメールセミナー
・メタトレーダーマニュアル

特典
・マックス岩本の特別オンラインセミナー(録画版)
・オリジナル・インジケーター マルチタイムフレームMA
・オリジナル・インジケーター マックスライン
・マックス岩本の特別オーディオセミナー(3本)
・マックス岩本のオリジナル資金管理シート
・口座開設マニュアル

・よくある質問集
・マックス岩本のオリジナルFX用語集

・マックス岩本のトレード環境を公開
・トレード前のマックス岩本流・確認シート

 

2.3 セールスコピー

ぜひあなたと一緒に、この1秒スキャルFXを通じて、年収5000万円、そしてそれ以上の圧倒的な富を生み出していただき、

人生の変革、そしてFXで稼ぐことの常識を、変えていければと思います。

そして、3年後、5年後の未来には、お金の悩みのない、自由で、とびきり豊かな人生を、歩んでいきましょう。

引用:https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

 

 

3. 商品価格

32700円(税込)

 

 

4. 販売者情報

4.1 所在地

引用:https://www.google.com/maps/@35.6976785,139.8114059,3a,90y,165.8h,138.45t/data=!3m6!1e1!3m4!1s0xveV43595mH8h1iGaV8Zg!2e0!7i16384!8i8192

立派なビルです。
このビルの12Fのようです。

 

4.2 販売会社

この会社(クロスリテイリング株式会社)について検索しました。

この会社は、悪評が多いです。

クロスリテイリング株式会社と言えば、FX-Jin(山口孝志)の一番弟子FX-Katsu(鈴木克佳)さんをはじめ、謎の投資家をコンセプトとしてクロスリテイリング株式会社やそのグループ会社(クロスグループ)の名前と共に、数多くのFX案件を輩出しています。

しかし、そのどれもが誇大広告と言えるような表現ばかりで、実際に参加した方の中でちゃんと稼げている人は一人も知りません。

重要なのはランディングページで書かれている事をどれだけ再現できるのか、という事です。

ちゃんと稼げたという人がいないという事は、再現出来ていないという事です。

引用:https://net-24h.com/fx/12359/

 

4.3 運営責任者・販売者

この販売者(松野有希・マックス岩本)の評判に関する情報は、検索できませんでした。

しかし、販売会社の悪評が多いため、販売者も信用できない可能性が高いです。

 

 

5. ユーザーの実績

セールスページ内のユーザーの声を抜粋します。

1秒スキャルFXのツールは非常に使いやすいと思います。

MAX岩本さんの動画は声のトーンや話し方がとても分かりやすく、いつも次の講義を楽しみにしています。

1トレード当たり20~30pipsは取る事が出来ています。

引用:https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

 

 

6. 評判・口コミ

検索しましたが、参考になりそうなコメントはありませんでした。

 

 

7. 評価項目

●誇大広告

可能性は否定できません。

セールスページ内に1ヶ月で軽々と400~500万円の利益、とありますが、だれもがこの利益を上げれるわけではありません。
実績は、50万通貨ペアの取引であり、一般人の取引レートではありません。
10~20万円のスタートでは、かなりのハイレバレッジです。

そして、提示されている実績は、2017年のものです。そのため、現在も稼ぐことができるかは不明です。

 

●ロジック

下記の4つのオリジナルインジケーターを利用し、トレードします。
・マックス・アベレージ・キャンドル:トレンド判断に使用できる
・マックス・シングル・ボリンジャー:トレンド判断に使用できる
・マックス・ライン:相場で意識される可能性の高い節目の表示
・マックス・ジャッジメント:通貨ペアの強弱を見れる

 

●トレード手法

5分足がメインですが、それ以上の時間足でもトレード可能です。

提供されるオリジナルインジケーターを利用し、色でトレード方向を1秒で判断します。

トレンド転換の初動から2段目を狙うトレンドフォロートレードです。

 

●1日のトレードチャンス

セールスページ内に記載がないため、不明です。

ただ、スキャルピングなので、1日に複数回あると思われます(200~300回/月とのことです)。

 

●1トレード当たりの利益

10~100pipsのようです。

 

●平均勝率

7割です。

 

●推奨通貨ペア

ユーロ・ドル・円・ポンド・豪ドル・カナダドルの組み合わせです。

 

●推奨するFX会社

セールスページ内に記載がないため、不明です。

ただ、MT4が利用できれば、どこでもいいと思います。

 

●ユーザーの声

ツールが使いやすい、講義がわかりやすい、1トレード当たり20~30pipsの利益が出る、という内容でした。

 

●口コミやレビュー

検索しましたが、参考になりそうなコメントはありませんでした。

 

●サポート体制

メールサポート対応(90日間)、コメントサポート、オンラインセミナー5回

 

●再現性

可能性は低いと判断します。

売買サインの取捨選択は、完全な裁量になるので、個人の力量に依存します。

 

 

8. 結論

この 1秒スキャルFX では、稼げない可能性が高いです。

●コメント

短い時間足での取引は、証券会社のスプレッド、取引手数料が関係してきます。

利用する証券会社を間違えると、スプレッドで儲けが減ったり、トレード回数が増えれば増えるほど、取引手数料が増えて減益になります。

また、短い時間足での取引は、ダマシも多いので、負け越す可能性が高いです。

そして、ツールを活用することでトレンドの方向性は把握できるかもしれもしれませんが、基本的には裁量取引になりますので、習得できるまでに時間がかかります。

加えて、販売会社・販売者の信頼性が低いので、ツールの信頼性も下がります。

 

FX関連の商材には、 「FXサイクルマスター」や「Platinum Kubera FX」「岡安盛男のFX極」、「FX income flow」など、自動売買EAから完全裁量トレードまで様々なものがあります。

 

どの商材もおすすめできませんが、当ブログの様々な商材評価を見ることで、良い商材を判断する視点が身につくと思います。

 

 

 

FXや株などのトレードに関する商材で買うと損する可能性が高い商材のパターン

勝率が高い

最終的には、損失を出したとしても利益を残すことが大切です。
つまり、勝率ではありません。
そのため、勝率が高い商材は、コツコツドカンの損大利小タイプが多いです。

ロット数、獲得pip数を明記していないもの

ハイレバレッジ(ハイリスク)でトレードを行う可能性が高いです。
もしくは、高額な証拠金が必要になる可能性があります。
そのため、取引する際のロット数により、1pipsで得られる利益が異なるためトレード明細のロット数は大切です。

取引実績の期間不明瞭、もしくは、公開している期間が短いもの

現在も勝つことができる内容であるかが不明です。
つまり、提示されているその期間しか勝てていない可能性があります。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また、次回をお楽しみに。

管理人Ryu